2008年 07月 24日
「黒田清輝展」

        連休中に、神戸に「黒田清輝」を観に行きました。この日も晴天。
        六甲ポートアイランドまで40分位で到着しました。
e0098508_9184912.jpg

e0098508_9182223.jpg


        すぐ横に大きな駐車場があって、駐車して階段をあがると”小磯美術館"がありました。
        入館料は900円でしたが、1500円で会員になれば年間通じて行われる展示会に
        フリーで入れるようでした。
e0098508_9262598.jpg


e0098508_9234244.jpg

        小磯良平氏が生前使っていた、アトリエをそっくりそのまま移築したそうです。
        四季折々に花が咲き、アトリエの中もとても素敵でした。(写真はNGだったので・・・)



        ここから、黒田清輝展を少し。
e0098508_9284967.jpg

               「編み物をする女」
e0098508_9314127.jpg

               「舞妓」
        この作品は繋いでる手を何枚か練習してる絵が印象的でした。
e0098508_9331665.jpg


e0098508_934370.jpg

        チケットの絵にもなってた「湖畔」1897年のものです。

        これは黒田清輝の奥様を描いた作品のようです。綺麗な人ですね。
        「ここに来て座った私を見て、明日からここで描きます。」と黒田さんはおっしゃったと、
        それから毎日、毎日ここでモデルになったと奥様談にありました。素敵な人物画を
        描く方は、素敵なモデルにも恵まれているのでしょうね。



        そして、私が一番感動した、
e0098508_936298.jpg

                「情」
e0098508_9364233.jpg

                「感」
e0098508_9371016.jpg

                「智」

         これも奥様をモデルにした作品のようですが、等身大の三枚が横にガンと並んで
         いて、素晴らしく綺麗でした。私は飽きないでこれを観ていましたが圧巻でした。

         「黒田清輝」は幕末の鹿児島に生まれたようですが、大学卒業後法律を学ぶ為に
         渡仏し、その後色々な人との出会いの中で絵画に興味を抱き画家に転身したようです。
         ラファエルに師事し、人物画を描き続け日本の洋画の指導的存在になっていった
         ようです。10年間のフランスでの滞在で明るい外光派の画風が確立されていった
         そうですが、私はどの人物画にも暖かいものを感じました。
         (これらの作品を含む全、150点が展示されていました。どれも素敵でしたよ!)



         小磯良平の絵も素敵なものが色々ありましたが、次の企画にまた訪れたいと
         思いました。

         神戸には数ヶ月前に来ましたが、ポートアイランドは久しぶりでした。
         我が家から高速に乗ってしまえばすぐなので、又美術館は暑さも忘れて没頭出来る
         ので、素敵な 暑い夏時間を過ごせる場所でした。

  




         感動しました。。。

[PR]

by rise_1246 | 2008-07-24 10:01 | 絵画


<< 一日が早すぎて・・・!      カフェ HANARE >>